あの人、頭が

変なんじゃないか?

良く使う言葉かもしれない

自分の常識や行動と照らし合わせてみて

カチーんときたり

まったくかみ合わなかったり

こちらの言うことを理解してないと感じたり

そんなときの最終手段が

あの人、変ですよね

で終わらせようと試みる

それは相手からすると

こちらが変な人だと思われているはず

障害って言葉をしょう害って書き換えても

それに意味があるのかと思ってしまうけど

障害の害の言葉のほうがよほど合わないと

個人的にはいつも思う

害なのか?

本人に対しては害であるけど

他人にすれば害ではないし

それを個性と言い換えるのはまた違うと思う

もしなにかしらのリスクがあるとして

それを呼ぶなら

短所でいいかな?って思っています

誰にでもある短所

多かれ少なかれ

すべて長所だらけな人間は

逆にあの人変ですよねって言われる(笑

長所ってだいたい決まっていて

種類も少ない

短所ってわりと細かなことで

多岐に渡る

長所はなんとなく読めるので想像がつく

短所はどこでスィッチがはいるかわからないから

先が読みにくい

とすれば人間の性格や人格の幅を広げるもの

例えば他者との違い

それは短所が構成するんじゃないかと

ま、人格のエッセンスですよね

人のこと変だといいつつ

たぶん相当短所だらけの自分ですし

はいはい自覚しております(笑

深く友達になれる連中もまた

変な奴らだ

だからといって短所のすべてが許されるかというと

そうでもない

駄目だこりゃって思う人もいるし

結局その判定基準は自分の基準でしかないわけだし

それでいいんですけどね

自分の世界感や世界、繋がりの中心は自分ですから

他人中心において生きる人もあるでしょうけど

やっぱりセンターはゆずれない(笑

new posts
new posts
new posts
category
カテゴリー
archive
アーカイブ

please share