切られ上手

時代劇の役者さんじゃなくて

カットする時ってお客様の姿勢もすごく重要

特にショートボブを切るときなんか

自分はどっちかというと遠慮なく

お客様の頭を動かすほうですが

意外と負けじとすぐ元に戻る人もいるんですよね

すると、切れないんですよ

別に負けじとしているわけじゃないんですが

これはですね

お客様が鏡を見てるからなんです

すごく当たり前のことですけど

自分もカットさせる立場の時は見ますもん

でも実はそれがカットが狂う原因でもあるんですよね

んじゃ、それを考慮して切れよって言われそうですが

前下がりを切ろうとしている時に前かがみになってたら

絶対切れないし

襟足をギリギリの長さで切ろうと思ってる時に

顔を上げ気味だったらやっぱり切れない

ここで核心

んじゃなんで目の前に鏡があるかというと

実はあの鏡、美容師のためにあるんですよ

そう、チェックしやすいように!

お客様にお見せする時は

途中を確認していただくときか

仕上がりをお見せする時

他はね美容師のため

と、自分は思っています

なのでしつこくしつこく

お客様の頭を切りやすいように動かしますが

上手になすがままになってくれると

とても素敵な仕上がりになります

言う通りにしたのに、なんかおかしいわよ?

って時は僕のカットがダメってことなんで・・・

そういう時はひたすら頭を下げようと思います。

new posts
new posts
new posts
category
カテゴリー
archive
アーカイブ

please share

follow please