血筋

昨日、久々に甥っ子が髪切りに来た

甥っ子って言ってもとっくに社会人であり

家庭もある

1年半ぶり?に切りに来た彼はロン毛で(笑

ポニーテールを結わえておった

ま、割とそういうことは自由な職業なのでいいんだけど

彼の職業は建築物に関係することだが

職人の世界な感じで

それでも彼はそれだけでは満足せず

自分でデザインやら色々なものを創作しつつの世界に

行きたいみたいだ

一般的なものよりもさらに進んだ世界があるらしい

それは美容の世界でも同じで・・・

うちの絵を観て、それから美とかの話になり

あー、こいつも色々考えてるんだなーって思うと

甥っ子というより一人の若き、もがくアーティストに思えて来て

何だか嬉しい

うちの母はまだ健在だが

歳をとってから趣味として「ちぎり絵」を始めた

最初は説明の意味もわからなくてよく聞かれたものだが

慣れてくると

本当に上手くなってた

自分も子供の頃から絵はうまかった

しかし実は兄の方がうまかった

創作とかいうのは置いとくと

漫画でも字でもうまかった

というわけで

うちは母方のそういう才能を受け継いでいるのだろう

感性とか想像力って生まれつきっていうのも大きくて

努力してもどうにもならないこともある

もちろん努力しないと生まれつきの才能も開花はしないが

バッサリ切った甥っ子の床に落ちた髪を見ると

こいつは髪も母方だなーって

兄も母方だ

僕は・・・

父方

そこだけは残念であるが

努力しても無駄な事は美容師なので分かっている

若い時から諦めていた

ま、今更いいけど(笑

new posts
new posts
new posts
category
カテゴリー
archive
アーカイブ

please share