w650とw800

最近バイクネタオンリーとなってしまった我がブログ・・

実は昔

2000年の初夏頃

今回購入したバイクの前モデルっていうか

w650というのを買ったことがあるのです

すでに手放してからは14年くらいは経つのかな?

今までの所有バイクで数少ない新車購入の1台で

3年ほど乗ってました

w650 ↓

w650 w800 kawasaki

今の愛車w800↓

w800

爆笑

ほとんど一緒ww

エンジンが排気量増えたぶんボリュームアップしたくらい

各部のメッキなりカラーの違いくらい

ほとんど変わりません(汗

では何で当時手放したかというと

つまんなかった(笑

落ち着いてのんびり走ろうって決めて選んだのですが

まだ若かったんでしょうね・・・。

売ってからしばらくしてオフロードバイクを手にいれて遊んでましたから

あー、あれから15年

本人の劣化は進み

さすがにカッ飛んだ後の数日はダルくて

獣道散策も崖が怖くなり

そろそろバイクライフも終末期かもしれんしなー

この辺で締めになんか乗っておくかなー

しかもwシリーズも、このタイプを持って製造中止

ならばと崖から飛び降りる覚悟で

全財産使い果たして購入したわけです。

おかげで何かあってもお金の余裕がないので

崖から落ちることは絶対できません!

しかし画像で比べる違いは

w650の方が地味に見えますが

実はこれカメラの差であります

当時のデジカメと安くても今の1眼レフカメラとの性能差です

デジタルなものはどんどん性能は上がり

安価になっていきますが

アナログなものはその逆!

バイクはどっちか?

w650やw800は50年くらい前に発売されたw1っていうバイクをモチーフに作られています

w1そのものも、当時のイギリスのトライアンフというメーカーのバイクをパクっています

w1系もまだ中古で流通はしていますし(高いけど

現役で走っています

トライアンフの新車はもちろん今でもあります

バイクは車と違って日常で使われるわけでもないから

よほど雑に扱われていなければ長持ちするんですよね

よく、今のw650やw800と昔のw1系を比較して

形だけ真似してもねって、おっしゃるご意見も多々ありますが

確かにw1は音も振動もはるかに凄くて

それを忘れ難き人や

そういうのを求める人たちにとっては別物でしょうけど

そこは時代でございます

騒音、排気ガス、故障・・・

アナログ的なものはよほど手入れしないと

風化劣化していくのです

楽器でも機械でも

相当なメンテナンスを手がけていかないと

コンディションは維持できないのです

残念ながら

僕は

そこまで人生かける気にはなりません

マメでもないのです

快適に走れたほうがよござんす(笑

使い分ける・・・

おとなしすぎるバイクに飽きてきたら?

今回は大丈夫!

オフロードバイクはいつでも走れるように待機している

我がガレージ

狭!!

new posts
new posts
new posts
category
カテゴリー
archive
アーカイブ

please share

follow please