試練の扉を開けた君達・・^^

ブログサイトのご案内はこちらから

どうせここアクセス少ないんで思ったことだけ書くけどさ

わりと係わった連中やそれなりに係わった連中

とうとう地獄の扉を開けたらしい(笑

超スパルタカットスクールへ

スパルタだけど

ただ厳しいだけでなく

ほんとの基礎を徹底して身につけてくれる

正確に精確に切ることを身につける

自分もそこまでは出来てはいないと思うけど

昔の話で恐縮で

さらにオレの若い頃は

なんていう話は聞きたくもないだろうけど

若いときにお江戸で美容師をやっていたころ

そこの店舗のオーナーはビダルサスーンの日本支部長で

それこそ、がっつりサスーンカットを学んだ

学んだって言っても、バリバリのスタイリストになる前に

帰省してしまったわけだが

しかし帰省して数店舗移って勤めた店が

いまでも絶大な人気の美容室「PEEK A BOO」から

講師を招いてカット講習を企画してくれた

月1で2、3年続いた

そのときの講師はすげー巨漢で指なんてオラの3倍は太かった(笑

でも、その見た目とは裏腹な超繊細なスライス、シェーピング

完璧なコンケーブ、コンベックス、ラウンドグラデーション

凄かった!

ビダルサスーンのベーシック?カットマニュアルは一通り覚えており

そういう店にいたのでちょっと腕組み系で見てたんだけど

いやレベルの違いにううううですw

でも必死に練習しましたね

おうちで(笑

毎日、毎日、毎日・・・・

基礎

それぞれの考えはあるとしても

美容も理容も単純にスライスとシェーピング

それを自由自在に操れることが基礎だと思ってます

切り方なんてどうにでもなります

フォルムだろうがグラだろうが

展開図を描けても切れない

洋服のデザインは出来ても裁縫ができない

譜面は書けてもピアノが弾けない

そんな感じ

そういうものが基礎であって普遍的なものだと思う

どうもそういう一番めんどくさく、つまんないことが

ないがしろにされている現在

手痛いしっぺ返しは必ず来る

必ず

「はたしてこれでいいのだろうか」

思うよ

思わん人はどうでもいいけどさ

また思い悩みつつ独自のスタイルを作り上げる人達もいるけど

そういった連中もある意味天才なんでそうは出現しない

自ら時間もお金もかかるそういう場に飛び込んでいった連中は

きっと過去の自分の作品を見ると消したくなるはず(笑

それぞれオーナーであり

ボクの部下でもなんでもないんで

きつく言うこともないし言えた義理でもない

でもこれをきっかけに君らの店舗の寿命はぐっと延びるはずだ!

え?

だって長年この仕事してるんですよ

さっと見ればあなたの限界も見えますもん(笑

きっかけ

出会い

諸々御縁

生かすも殺すもあなた達次第です・・・。

楽しみに君らのブログをまた覗いてみようと思います^^

ここの部分だけは思いっきり上から目線でございますw

がんばれ若者達よ・・・。

[showwhatsnew]

new posts
new posts
new posts
category
カテゴリー
archive
アーカイブ

please share