浅はかな反乱

色々な美容師もいるもんである

今日のブログは友達の美容師の名誉のために書こう

ことの始まりは

とある地方の男性美容師[O]がブログに書いた記事

ずっと前からのお客様がボクのお友達美容師の「d」に憧れて

パーマをかけにもらいにいった

「d」は

アホ

やけどパーマの巻きにはこだわり

独学で今の立場を築いたオリジナルな人なんです

そこだけは褒めてあげる(笑

んで時がたち

Oはせっかく自分が手入れしてきた髪が傷んでしまったと

現状をちょっと嫌味をまぜながらブログで公表した

怒る怒る「d」

いいたいことは山ほどあんねん

わかるわかるw

自分もそのブログちょっと見てきたら

あのダメージは毎回毛先まで染めるフルカラーによる

アルカリ焼け

アルカリ焼けとは読んで字のごとく

アルカリ剤を使うカラーやパーマもやりすぎによる

超ダメージヘアのこと

症状としては毛先にかけて色が黄色っぽく

汚くくすんでいく

保護剤でなんたらかんたら書いてるが

所詮そんなものほとんど効果なんてない

一番ご迷惑被ったのがお客様である

「d」にも気を使ってくださったメッセがきたそうだ

それに配慮して「d」はぐっとこらえたのである

偉い!やれば出きる子(笑

ここで問題なのが、その「O

」の別なお客様が過去にも

「d」のところにパーマかけにきたことがあるってこと

かけにきたっていうか直しにきた?

O君は自分のお客様がよそにパーマかけにいったっていう事実

どう受け止めてるんでしょうね

お前じゃ無理って言われてるようなもんでしょ?

しかも自分に都合よくブログに公表

お客様はどうしたらええんです?

ほんとこういうのを

バカっていうww

髪のダメージリスクを恐れすぎては

何の変化も楽しめないし

日頃気をつけてますーって言う

トリートメントマニアが、本来の技術の未熟さで

日々ダメージまっしぐらってのもよくお見受けします(笑

そもそもデザインがださい(小声

処理剤褒めちぎる系の連中は大抵そうですね

インナー補修に使ってるなら

そんなの自分のインナーに隠しておけって!

ブログで書いてることがへんですやん

もっと書くことないんでしょうかね?

もっと他の人が見て

あなたのとこでパーマかけたいわっていうデザインとかさ

余談ではありますが

ヘアスタイルのっけてる美容師ブログまっさかりではありますが

そのほとんどがデザインセンスや

カット技術甘いなーって個人的には感じます

個人的にですよww

これでもそういう美的なものを見るセンスはあるとは思ってますけん

そそ、男性美容師は

ケミカルや手法にこだわるけど

それってデザインとはまったくジャンル違うし

なんでアーティストになろーとしないのか不思議

話は大幅に脱線してきたが

画家さん、

絵を描いても使った絵の具の説明もせんし

筆も手法も言わんよ(笑

むしろ他人の真似した手法なんて絶対言わんよw

完成した絵がすべてやろ?

こうしてこれはあーなってだからこれは

なんて説明するのは自信のまったくない

似非画家の自分くらいなもんだわw

自分の発表の場のブログにどんな記事載せようと

名誉毀損等、罪に問われる内容でなければ

なんでもお好きにどうぞ

ではあるが

間違いなく

その人の品性がでますから

いい人ぶってみても

正義感ぶってみても

一番大切にしなければならない人のこと

大事にできないバカはいずれ消え去ります

取り留めなくなりましたが

キャリアだけは長いので

ある程度写真みたら髪の履歴、状態は想像つきます

最後にもう一度

それ君のヘタクソカラーの蓄積な!