自己流でもなんでもだいぶ上手くなったかな?って

思う時に感じること

 

前も言ったことあるかもしれないけど

 

先に進めば進むほど

 

ジレンマ(笑

 

自分の下手さ加減に呆れる

 

例えば絵の話

 

趣味で好きで描いてただけなんだけど

行き詰まる

 

なんでだろ?

 

って考え込むと

 

いや、考え込む前にわかってる

 

基礎がないんだよな

 

絵の基礎は

 

デッサン力

 

見る目と描く力量

 

これは地味に繰り返し身につけていくしかない

 

残念なことに近道はない

 

せいぜいデッサンの先生について学ぶくらいが近道

 

どんどん進むと過去の自分に戻るような感覚

 

覚える順番が違うだけで結局やらなきゃいけないこと

 

地味にトレーニングしていこうかと

 

 

でもそれは絵を描くことだけじゃなく

 

なんの職業なり趣味的なものでも同じだな

 

ちゃっちー技術で身内で満足してるならいいけど

 

傷舐めあうような褒めあいも嫌いだ

 

 

 

 

 

おすすめの記事