先日の電車の絵の評判がちょっとよかった

 

褒められると嬉しいもんだ

 

自分で作ったものっていいのか悪いのか

 

よくわからないんだ

 

もちろん思い入れを込め

 

よくなれーって描いているのだから

 

自分の目には素敵には見える(盲目的な?W

 

どんな子でも我が子は可愛いのと一緒である(笑

 

ただし人様から見たらどうだろう?

 

っていうのはいつもある

 

どんな作品でも人に見てもらってなんぼである

 

 

面白いもんで邪念?を持って描き始めた作品は

 

完成するには何となく苦労する

 

筆が進まないのである

 

出来上がっても自信を持って「どう?」

 

とも言えない

 

多分自分でわだかまりやら

 

否定やらの気持ちがあるからなんでしょうね

 

逆にこれを描きたいって思う題材は

 

あっという間に描き上がる

 

本業してても早く続きを描きたいなって

 

 

 

別に絵を描くことは本業でも何でもないので

 

この場合は「やりたいことだけやる」

 

で、いいわけだよね

 

人の目を気にしつつ

 

気にしない

 

そこらへんのバランスだな^^

 

 

ヘアスタイルだってそうだ

 

本人は気にいってるとしても

 

周りの評価があまりにも低いようだと

 

作った美容師の資質も問われる

 

「それ、どこの美容室に行ったの?」

 

どうせなら周りの人々に

 

「素敵だね、それ、どこの美容室に行ったの?」

 

って言われたいよね

 

 

と、いうわけで雨の祭日ですが

 

 

今日もがんばろ^^

おすすめの記事